北海道(道央・道南)・札幌市でむち打ちの交通事故にあった方に治療の受け方、後遺障害申請と異議、紛争処理センター札幌支部申立、簡裁事物の示談交渉をします。

開業30年の実績|むち打ち後遺症・交通事故紛争処理センター・示談訴訟

交通事故・後遺障害 札幌|むち打ち特化の被害相談 北海道 リーガル・ケアセンター

〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西19丁目1番地4日宝北1条ビル4階

011-688-6472

受付時間

9:30~21:00(土日祝日は要予約)

北海道・札幌のむち打ち交通事故に強い

北海道|後遺症認定や異議申立、簡裁事物の示談交渉代理・紛争処理センター申立をお受けします

交通事故・むち打ち・後遺障害 相談|札幌

代表者田村の写真 交通事故札幌

司法書士・行政書士
の田村です。

ごあいさつ

むち打ち・捻挫の辛い思いをされているあなたも
保険会社の治療打切り賠償提示額に泣き寝入りせず

相当な治療期間の継続
自賠責や保険会社提示を上回る慰謝料のアップ
手足のしびれの伴う後遺障害の認定

を受けられることを知っていますか?
 

当ホームページをご覧いただいたむち打ち被害者のあなたに、むち打ちに特化した司法書士・行政書士リーガル・ケアセンターが、札幌市を中心に北海道の道央・道南圏で交通事故による次のむち打ちなどの症状による治療の受け方の助言や後遺障害の認定(異議)手続、軽度のむち打ちも含め賠償額がアップする簡裁事物管轄の示談交渉・訴訟代理をお受け致します。 

・頚腰部・上下肢(腕・手・大腿・下腿・足)の痛み・痺れ
・頭痛、めまい、難聴、耳鳴り、頚椎・腰椎捻挫・打撲
・外傷性頚腰部症候群、椎間板の膨隆・突出・ヘルニア
腰椎の固定術、脊柱管狭窄症、後縦靭帯骨化症
バレリュー症候群など

 当事務所は、上記の被害や後遺症(軽度のムチウチを含め)に遭われた方々を以下の特徴のもとご支援して参ります。

 特徴1  治療や検査の受け方を伝授致します。

 特徴2  治療打ち切りの対応を伝授致します。

 特徴3  後遺障害の異議申立ての仕方を伝授。

 特徴4    賠償額アップの概算診断も無料です。

 特徴5  依頼時の着手金(前金)は不要です。※1

  特徴6   賠償が増えなければ成功報酬は不要。

弁護士費用特約加入の方は治療期間に関係なく持出し無しで!

未加入でも治療2か月以上の方は着手金なしアップ額の27%!
の成功報酬でお引き受けします。

    ※ 治療期間が2か月程度の方でも示談交渉をご依頼頂ければ慰謝料等が増額する
   例(実績)がほとんどです。


 
後遺障害を目指すなら、今の治療で大丈夫ですか?

 医療機関の対応が親切なことと後遺障害が認められるかどうかは別問題です。
 現在の治療状況をお伝え頂ければ、むち打ちの後遺障害(後遺症)認定に特化した、当司法書士・行政書士の田村が必要又は不足する治療や検査、画像撮影などの相談をお受けいたします。

● 症状によって適切に病院・整骨院・鍼灸等に通院していますか?
● 整形外科だけ、又は整骨院だけ通っていませんか?
● 適切な通院日数ですか?(多ければ良いというもではありません)
● レントゲン撮影のみではありませんか?
● 湿布・投薬のみではありませんか?

こんな時の対処について、詳しくご面談時にご説明いたします。

  • 治療打ち切りへの対処:相手にするのは保険会社ではない点がポイント
  • 過失がある場合の対処:示談をする前にある手順を踏むことがポイント
  • 相手方が無保険の対処:示談をせずに、ある手順を踏むことがポイント
  • 頭痛めまい難聴の治療:脳神経外科・耳鼻科・眼科以外の受診がポイント
  • 年齢変性の診断の場合:後遺障害は交通事故が契機である点がポイント
  • 受け取り忘れの保険金:相手保険会社との示談に関係ない点がポイント

そして、当HP「交通事故・むち打ち・後遺障害 相談|札幌」を運営する当事務所の次の特徴を生かし、

当事務所の特徴

  • むち打ちの「治療継続・後遺障害・賠償額」を左右する治療の受け方を助言いたします
  • 法律相談費用特約のない方は相談無料にて電話・面談によるご相談もお引き受けします
  • 弁護士費用特約のない方は着手金不要(成功報酬・書類作成報酬)でお引き受けします
  • 保険会社提示の賠償額増額の可能性について、概算診断を無料でお引き受けします
  • 治療の受け方から後遺障害申請・損害賠償額請求迄一連の業務をお引き受けします
  • もらい忘れの保険金調査から請求代理又は請求書類の作成をお引き受けします

これらをもとに当事務所は、以下の支援によって被害者をご支援いたします。

当事務所の支援

「治療の受け方」が大きく影響します。

 交通事故に遭った場合、まず、現場での「事故直後の対応」が大切ですが、その後の怪我の治療において、むち打ちの症状が同じであっても治療や検査の受け方次第で、その後の治療期間や後遺障害(後遺症)の認定の可否、賠償額(休業損害や慰謝料、逸失利益など)に大きく影響を与える可能性をご存知ですか?

たとえば、

交通事故後遺障害札幌の治療のポイント1​ 初期にレントゲン以外の画像も!

交通事故後遺障害札幌の治療のポイント2 初期の段階から神経学的検査を!

交通事故後遺障害札幌の治療のポイント3 症状の説明は終始一貫すること!

交通事故後遺障害札幌の治療のポイント4 札幌 診察時の姿や言葉が治療に重要!

交通事故後遺障害札幌の治療ポイント5 整形外科以外の治療科の通院も!

交通事故後遺障害札幌の治療ポイント6 通院日数が多いと良いと限らず!

​ もちろん、交通事故による怪我が「むち打ち」であっても「その種類・部位・症状」によって治療の受け方も異なってきますが、漠然と治療を受けたのでは適正な治療や後遺障害(後遺症)の認定を受けることは難しいと考えられます。

 そこで、北海道の道央・道南圏及び札幌市・近隣で交通事故に遭い、むち打ちになった時、後遺障害の可能性がある時は、まず、札幌市中央区に所在する当事務所の無料相談(弁護士費用特約や法律相談特約に加入の方も保険会社負担で持ち出しはありません)をご利用ください。

面談時にジックリとご説明・助言させていただきます。

慰謝料の説明の写真 交通事故札幌

通院慰謝料4200円の誤解

 交通事故に遭い通院した場合、1日につき4200円の慰謝料が出るとか、治療期間内であれば通院日数の2倍の日数分が出るとの巷の噂を聞きます。

 しかし、これは2階建ての厚生年金でたとえると1階部分の国民年金部分に当たる自賠責基準の計算額で、本来の裁
判基準
(単に1日幾らという計算とはなっていません) から
すると一部
7割前後)に過ぎないのがほとんどです。

 詳しくはこちら→【慰謝料】または、ご面談の際にジックリご説明いたします。

この誤解から、やたらと通院日数を増やす方をお見受けしますが、イザ、賠償請求の際には、かえって、過剰(不必要な)診療として否認されたり、自賠責の限度額(治療費+通院費+休業損害+傷害慰謝料の合計120万円限度)を超え満足な治療・賠償を受けられないということもあり得ますのでご注意願います。

詳しくはご面談の際にジックリご説明いたします。

交通事故による主婦の休業の様子 札幌

主婦休業損害5700円の誤解

 交通事故に遭った方が専業またはパートの主婦の方の場合の休業損害についても自賠責基準による1日5700円の額も裁判基準の1日の休業損害額の約60%程度に過ぎません。

 また、裁判基準からすると通院日数だけを休業損害日数とするものではない点も異なりますのでご注意願います。

詳しくはこちら→【休業損害】または、ご面談の際にジックリご説明いたします。

当事務所がお手伝いさせていただくこと

北海道札幌市中央区北1条西19丁目1番地4 日宝北1条ビル4階
地下鉄東西線「西18丁目駅」徒歩5分

通常、交通事故の被害(むち打ち)にあった方の多くは、当初、

患者と医療従事者の会話の様子 交通事故札幌

  • 医師は、むち打ち(むちうち)などの症状を理解し必要な治療をちゃんと続けてくれ、痛みが残ったら後遺障害(後遺症)の診断書も書いてくれる。
     
  • 保険会社は、治療費の支払いや後遺障害(後遺症)の申請もやってくれ、病院の代わりに整骨院への通院(施術)も認めてくれる。
     
  • だから、治療や後遺障害(後遺症)の認定が終わった後に損害賠償について、示談交渉や交通事故紛争処理センターへの申立、訴訟などを司法書士や弁護士に相談すればいい・・・。

 と思っておられるのではないでしょうか?

 確かに、医師も保険会社も上記のとおり通常、対応してくれますので、何も間違ってはいません。

 しかし、気が付けば、

  • むちうちによる痛みが残っているのに保険会社から「医師がほぼ治癒(又は症状固定)」と言っているので、これで治療(費の支払い)は終わらせていただきますと言われ、
     
  • 医師に確認すると「保険会社支払いの治療はここまでにして、必要であれば後遺障害(後遺症)の診断書を書くので、その後は自己負担で治療をしましょう。」と言われ、
     
  • むち打ちの後遺障害(後遺症)の申請についても保険会社は「認められない場合もありますが」と、まるで申請すると後遺障害(後遺症)が認めれるような期待を与えておき、結果は非該当(後遺障害に当たらない)
     
  • その結果、法律家に頼んでも、すでに遅く、後遺障害(後遺症)の異議申立をするも却下、交通事故による賠償金額は僅かしか増えない

 という踏んだり蹴ったりの結果に憤慨される方を多くお見受けします。

 しかし、これは、交通事故被害者の多くの方が

  • むち打ち(ムチウチ)による痛み(後遺症)が残っているのだから治療は継続してもらえるハズ
  • 医師が後遺障害(後遺症)と書いた診断書(内容がどうであれ)を作成してくれたのだから認めてもらえるハズ

 との思い込み(それはもっともですが)と無防備(交通事故特有の治療範囲や後遺症・後遺障害の認定基準などの知識がないこと)であることに起因するもので、とても残念なことです。

 それは

  • 医師は多くの患者を治すことに専念し忙しい立場にあり、交通事故(特にむちうち)特有の検査方法を実施したり、症状をカルテや経過診断書に都度詳細に記録するとは限らないこと。
     
  • 治療(費)打ち切りの良し悪しについて医師は保険会社と患者(被害者)の間に挟まれることをあまり好ましい状況と思っていないこと。
     
  • 後遺障害(後遺症)の認定の検査方法や判断基準はモラルハザード(詐病)の関係から公開されていないため、医師もどのような検査や基準に基づくべきか、必ずしも知りえないこと。
     
  • むち打ちの後遺障害(後遺症)の認定は後遺障害(後遺症)の診断書のみで認められるものではなく、交通事故直後からの症状の一貫性や治療・検査の記録、画像等に基づき総合的に判断されること。
     
  • むち打ちの治療の範囲(期間)は、頚部(首)や腰の痛みが無くなるまでの治療とは限らないこと。
     
  • 後遺障害(後遺症)に当たるむち打ちの症状は「首や腰の痛み」だけでなく、他の部分についても、症状が現れることがほとんどであること。

 など、交通事故特有の事情や実務上の取り扱いの対処について、被害者の方が何も知らず、時が過ぎ、一方的に処理されてしまうことから来るものです。

 そこで、当事務所は、むち打ちについて「適正に治療の継続を受けられるため」「本来、後遺障害(後遺症)に該当する方が非該当とならないよう」「適正な損害賠償額を確保できるよう」にこれらの前提となるもっとも重要な「治療の受け方」からご支援を行い、その後の後遺障害(後遺症)の申請・異議申立て、最終的には簡裁事物管轄の示談交渉・交通事故紛争処理センター・訴訟の代理や提出書類の作成など損害賠償請求のための一連の支援を一貫して行うことで、被害者の方々(過失割合が高く加害者とされる方も含め)が少しでもご納得頂けるようお手伝いをして参りたいと思います。

着手金不要※1

ご依頼に際し前金は不要です。
なお、ご本人やご家族・同乗の場合の運転手が加入の自動車保険に弁護士等費用特約(司法書士を含む) がある場合、この特約を利用し保険会社から着手金や報酬・費用を頂きますので、原則、ご本人のご負担がないのでご安心ください。

相談無料※2

ご面談による相談料は不要です。
なお、着手金と同様に加入の自動車保険に法律相談費用特約や弁護士等費用特約がある場合、この特約を利用し保険会社から相談料を頂きますので、ご本人のご負担はないのでご安心ください。

無料相談・増額無料診断

札幌市を中心に北海道の道央・道南圏での交通事故・後遺障害(後遺症)・交通事故紛争処理センター・日弁連交通事故相談センター、むち打ち(頚腰椎捻挫)・治療打ち切り・異議申立て、過失割合、無保険車両・(少額)訴訟、調停などのご相談は「交通事故・後遺障害 札幌|むち打ち特化の被害・紛争処理センター相談 北海道」へどうぞ!

交通事故の無料の面談相談の受付

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

011-688-6472

受付時間:9:00~21:00
(土日祝日もお受けします)
司法書士リーガル・ケアセンター
担当:司法書士・行政書士 田村(タムラ)宛 

無料相談実施中!

北海道(道南・道央・札幌)中心に
むち打ちの交通事故・後遺障害

 相談は無料です※2
    お気軽に連絡を!

011-688-6472

交通事故むち打ち・後遺障害札幌の注目1 軽度のむち打ち
も慰謝料アップの実績多数あり
 

交通事故むち打ち・後遺障害札幌の注目2 示談をする前に
示額の賠償金を先に受取る実績多数あり

交通事故むち打ち・後遺障害札幌の注目3 失があっても
100%の賠償金を獲得した実績多数あり

交通事故賠償額アップ無料診断

保険会社提示の賠償計算書をご用意ください。

車が走っている画像 交通事故札幌

   事務所概要

交通事故被害者との挨拶・握手

司法書士 社労士 行政書士
リーガル・ケアセンター

交通事故後遺障害 札幌

011-688-6472

011-642-6800

lcc_tamura@kvf.biglobe.ne.jp

代表者:田村 三平             札幌司法書士会会員
北海道行政書士会会員
北海道社労士会会員

住所

〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西19-1-4 日宝北1条ビル4階

迅速な対応をモットーに!